■先輩からのメッセージ(平成28年度卒業生)


■進学コース
佐野 凜(横手明峰中出身 陸上競技部 進学先:岩手大学)
 私は入学当初、女子校ということで不安が大きかったのですが、いまでは和洋高校に入学して本当に良かったと思っています。素の自分でいられ、いつも私のことを笑顔にしてくれるクラスでの生活、1人1人が目標に向かい全力で努力する場となった部活動。そこでたくさんの大切な友達、大切な先生に出会うことができました。これは私の一生の財産です。私にとって和洋高校での三年間は、自分を成長させてくれた大切な三年間でした。

大河 愛海(泉中出身 BK&PC部 進学先:札幌大学)
 私は、3年間和洋高校の進学コースで学習しました。進学コースということもあって、授業について行けるか最初は不安でいっぱいでした。しかし、分からないところは分かるまで親身になって教えてくれる先生方や、互いに教え合うことのできる友人の存在にとても助けられました。先生方には、たくさん叱られてたくさんほめられました。どんな時でも隣で支えてくれた先生方には感謝しかありません。また、進学コースはクラス替えがないということもあり3年間同じクラスだった友人たちのおかげで最高の学校生活を送ることができました。本当に和洋高校で良かったと心から思います。

小林 稚奈(城東中出身 バレーボール部 進学先:秀明大学)
 私が大好きな和洋高校を紹介します。まず、コースについてです。私は3年間進学コースに所属していました。このコースは1年生の時から進学を意識しており、同じ目標を持った仲間たちが集まっています。転コースしない限り3年間ほぼ同じメンバーなので、3年目になるとみんな家族のような関係です。部活動はバレーボール部に所属していました。技術が向上するのはもちろん、将来必ず役に立つ礼儀や様々な人との関わりの中で自分も成長することができます。最後に、先生についてです。和洋高校の先生は本当に生徒思いで、「こんなに先生と生徒の仲が良い学校は和洋くらいじゃない?」と思うほどです。
 最高の仲間と最高の時間を過ごす毎日は、まさに「青春」です!!

赤塚 星南(秋田北中出身 バスケットボール部 進学先:日本赤十字秋田看護大学)
 私はバスケットボール部にあこがれを持ち、和洋高校への進学を決めました。毎日の練習では辛いことや苦しいこともありましたが、そこから強い精神力を身につけることができました。また、信頼し合える仲間とも出会うことができ、3年間あきらめずに続けてきて良かったと実感しています。学校生活ではクラスの友人、熱心に指導してくださる先生方のおかげで充実した毎日を送ることができました。今、こうして第一志望の学校に合格できたのも支えがあったからです。3年間和洋高校で学ぶことができ、本当によかったです。
 
■福祉コース
山本 友香(城南中出身 バレーボール部 就職先:秋田県警)
 和洋高校に入学して、大切な仲間と先生方に出会いたくさんの経験ができました。私は3年間クラスの委員長を務め、福祉コースでしっかりと勉強することができました。部活動ではバレーボール部に所属し、春高予選2位を飾ることができました。また、就職先は第一希望の秋田県警に決まり、高校3年間とても充実していたと思います。
 入学する前は勉強と部活を両立できるかとても不安でした。でも、部活に支障をきたすことなく両立することができました。とても楽しく、あっという間に感じてしまう3年間でした。

大里 明華李(秋田西中出身 進学先:秋田社会福祉専門学校)
 私は和洋高校に入学して、人間的に大きく成長できたと感じています。明るくアットホームな校風と、気の置けないクラスメイトや友人たちの中で過ごした3年間は、自分が自分らしくいられるとても心地よいものでした。内向的で人見知りがちだった私が、人と関わることが楽しいと思えるようになり、こうして福祉の道に進むことができたのも、和洋高校での日々があったからです。また、和洋高校には5つのコースがあり、自分の将来や興味のあることに応じたコースを選ぶことができます。私は福祉コースに所属していましたが、自分の学びたいことを学べるのは、とても楽しくやりがいのあるものでした。
 貴重な高校3年間を和洋高校で過ごすことができて、本当によかったと思います。

佐藤 愛(雄和中出身 進学先:日本赤十字秋田短期大学)
 私は高校1年生の頃から介護福祉士という夢を持ち続けていました。和洋高校では2年生から各コースに分かれて勉強することができます。私は2年間福祉コースで知識と技術を学んできました。
 和洋高校の先生方は、私たちの就職と進学にむけて講座を催して、時間をかけて的確なアドバイスもしてくれます。
 自分の将来に向けて、3年間では色々な課題もみつかると思います。辛いときもありますが、自分が後悔しないために挑戦し続け、達成できるよう頑張って下さい。
 
■幼児教育コース
須永 優璃捺(山王中出身 ソフトテニス部 進学先:聖園学園短大)
 和洋高校に入学して本当に良かったと感じています。和洋高校は、自分の将来に合ったコースを選択して学ぶことができます。私は、幼稚園教諭になりたいという夢があるので、幼児教育コースを選択し、保育について詳しく学びました。和洋高校の先生方は生徒をとても大切にしてくれ、熱心に指導してくださいます。そんな先生方とコミュニケーションを取ることも楽しかったです。また、ソフトテニス部に所属し、大好きなことを全力でできる楽しさやありがたさを実感することができました。
 和洋高校は、私を大きく成長させてくれた大切な場所で、ここでの3年間は私にとってとても大切な時間です。

石黒 綾香(御所野学院中出身 サッカー部 進学先:秋田市医師会立秋田看護学院)
 和洋高校での3年間はたくさんの出会いがありました。私はサッカー部に所属し、辛い時も仲間の支えがあり、サッカー部に所属してよかったなと思えるような思い出をたくさん作ることができました。
 また、クラスでは一致団結して球技大会や体育大会、和高祭など様々な行事に参加することができました。受験前などはクラスメイトだけでなく、先生方も支えになってくれます。楽しいこと、悲しいこと、辛いこと、うれしいことなど3年間の中で色々なことがあります。しかし、和洋高校に入学し、たくさんの思い出を作れたことは一生の宝物です。

眞壁 明日花(天王中出身 陸上競技部 進学先:盛岡大学)
 和洋高校には幼児教育コースがあります。このコースでは、保育について学ぶことがき、自分が母親になったときにも役立つようなことを勉強することができました。
 また、和洋高校に入学し、たくさんの出会いから成長することができました。困っているときに助けてくれる友人、進路決定のために熱心に指導してくれる先生たちがいてくれたおかげで3年間楽しく、充実した学校生活を送ることができました。ぜひ、和洋高校で自分の可能性を広げてみてください。
 
■ビジネスコース
山本 実咲(城南中出身 バレーボール部 進学先:東日本医療専門学校)
 私はバレーボールがしたくて入学しました。バレー部に所属して楽しかったこと、苦しかったこと、悩んだことはたくさんありました。もちろんチームメイトとぶつかることもありました。しかし、そのような経験がなければ私は人としてこんなにも成長することはなかったと思います。
 中学生にとってクラスに女子だけという環境は不安があるかもしれませんが、女子だけだから何事も楽しく一生懸命頑張ることができました。
 また、和洋高校ならではのコース別学習というシステムのおかげで、3年間でたくさんの資格をとることができました。
 和洋高校に入学してよかったと心から思います。

福田 瑛莉香(秋田北中出身 バスケットボール部 進学先:山梨学院大学)
 和洋高校は部活動が盛んです。入学前は「高校の部活動=上下関係が厳しい」というイメージでした。しかし、和洋高校は先輩後輩関係なくとても仲が良く、いつも楽しく活動しています。厳しい練習や1人で乗り越えられない壁も、最高の仲間がいたから乗り越えることができました。
 また、和洋高校にはたくさんの行事があります。1つ1つ行事を重ねるにつれてクラスみんなの絆がより一層深くなりました。
 高校生活の3年間は一生忘れられない思い出と、最高の仲間に出会うことができ、幸せでした。

木村 理梨香(飯島中出身 バレーボール部 就職先:秋田ビューホテル)
 和洋高校に入学してたくさんの友達ができました。進路のことで悩んでいるときも先生たちが手伝ってくれたり一緒に考えてくれました。そのおかげで内定をいただくことができました。また、部活動を通して目標に向かって努力し、それが達成できたときの喜びに改めて気づくことができました。
 和洋高校ですごした日々はとても充実していました。
 
■文化教養コース
吉田 由樹(御野場中出身 サッカー部 進学先:城西国際大学)
 私は和洋高校で3年間過ごすことができ、本当に良かったと思います。和洋高校では多くの行事があり、部活動、勉強面がとても充実しています。この環境の中で生活したことで多くの出会いがあり、人として大きく成長することができました。女子高という慣れない環境に身を置くことに不安を感じる方もいると思いますが、女子高だからこそ自分らしく学校生活を送ることができます。また、進路選択では先生方が支えてくださったおかげで志望校に合格することができました。和洋高校での3年間はとても充実したものになりました。

越前屋 海(久慈市立山根中出身 琴部 進学先:秋田県立秋田技術専門学校)
 私は和洋高校に入る前から文化教養コースに入りたいと思っていました。と、いうのもまだ進路をどうするのか決めていなかったからです。文化教養コースは他のコースにはない様々な分野を学ぶことができます。その為、進路選択の幅が大きく広がると思います。また、女子校ならではの団結力があり、私もこの和洋高校に入らなければ出来なかった沢山の経験があり、入って良かったと感じています。